製品化サポート(R&D) Process Suppot

2010年9月に中国に現地法人を開設して以降、市場をグローバルに目を向け、事業展開を進めて参りました。 その過程の中で、多くの出会いと魅力的なアイデアや商品に出会うことができました。 しかしながら、魅力があるにもかかわらず、様々な障壁により商品化できない、できても認知されない商品が多くあることも知りました。 当社はコアコンピタンスである精密機械部品をグローバルに業務展開する中で、その魅力ある商品の開発、試作、量産の製造プロセスに携わらせて頂き、かつ国内販売や海外貿易をいわゆる黒子役に徹し、ビジネス拡大のお手伝いをさせて頂きました。
WEBサイトでは、開発者様の許可を頂いていくつかの事例をご紹介させて頂きます。

■当社の強み

■豊富な機械設備と多くの機械加工技術の知識と経験があります。
■工業デザイナーとの協業でアイデアさえあれば商品企画/デザインの段階からご相談に乗ることができます。
■産官学連携のものづくり実績も数多くあり、第三者の側面からの評価を受けることも可能です。
■当社が構築した国内・国外のサプライヤーチェーンを駆使し購買・販売の両側面からサポート致します。

■サポートフロー

基本デザイン・・・・・

工業デザイナーを交えた商品デザイン
大学や研究機関の見識を組み込んだ機能設計

部品設計・・・・・・・

部品加工の専門家としてのご提案

部材調達・・・・・・・

国内外のサプライヤーチェーンを駆使した最適地調達

試作/評価・・・・・・

自社の豊富な検査機器と公的支援機関との分業体制による試作評価

量産化・・・・・・・・

QCDの継続的改善を常に意識したものづくり
部品製作から組み立て、アフターサービスまで請け負える生産体制

■事例1 B to B向けをB to Cに⼤幅改良

デザインから、試作、量産までを一つに。

■荻野製作所は製品の製作だけでなく、顧客のニーズに合わせた形へデザインします。
■デザイン会社と連携し、水素呼入器のデザインを業務用から一新。
■機能はそのままにサイズはこれまでの1/3。
■リビングや寝室など、インテリアに馴染む製品へ。

製品・技術情報 Product/Technical information